やくだちしき。龍のツボ。

英語とビジネススキルを学ぶミニマリスト通信




TOEIC試験で最高に役立つ3種の神器。試験時間内に終わる時短グッズ!



[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ TIMERS11 RFT-100-1JF ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B ホルダー消しゴムモノワンスタンダード EH-SSM

TOEICの試験会場へ持ち込み可で、試験中使うものは以下3つしかありません。

①HBの鉛筆(またはシャープペンシル)
②プラスチック消しゴム
③腕時計

だとすると、この3つのアイテムを普通に使っていてはもったいない!

めちゃめちゃ役立っているマストアイテムをまとめました。

TOEICが時間内に終わらないなんてありえない。腕時計でテストが変わる。

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ TIMERS11 RFT-100-1JF

[カシオ]CASIO 腕時計 PHYS フィズ TIMERS11 RFT-100-1JF

まず一個目は時計。

この時計は絶対に買ったほうがいい!

TOEIC関連グッズで買って一番よかったものです。

TOEICが時間ないに終わらない!というのはほぼ全てのTOEIC受験者が経験していますが…

TOEICが試験時間内に終わらない、という時間管理から100%オサラバできます。

それはなぜか…

この時計は、
プリセットタイマーが作成できる
バイブレーション機能がある
というのがミソです。

この機能を使うと…

「Part毎に自分で時間をセットできる。」

そして、

「その時間が経過したタイミングでバイブがなる。」

という、自動進行管理システムが作れるから。

part毎に自動的にタイマーカウントが進み、次のpartに行ってねとバイブが教えてくれます。

これを買ってから、全てのテストが時間内に終わっています。

TOEIC受験者は絶対買いましょう。

一応、TOEICの注釈では…

「腕時計以外のもの(携帯電話・置時計・ストップウォッチなど)を時計として使用することはできません。」

とあります。

腕時計をストップウォッチとして使ってはいけないとはありませんヨネ

TOEICテスト|申込後・テスト当日|試験当日について

HBの鉛筆(またはシャープペンシル)は「太芯シャープペン」を使うべし!

ひたすら円を塗っていくことになるTOEICでは、鉛筆の使い勝手はかなり影響します。

「ただのシャープペンシルだと塗るのに時間がかかる。でも、鉛筆だと折れると大変だ。」

ということで、妥協してシャーペンを使っている人もいるのではないでしょうか。

そんな悩みは一蹴。

鉛筆とシャーペンのいいとこ取りの太芯シャーペンは購入マスト!

ぐりぐり何度も塗らなくても、ワンストロークで塗れます。

100問あるTOEICでは、チリも積もれば山となります。

即、買いましょう。

ちなみに、私はアリスト スリーフィットを使っています。

速記用極太ペンシルというその名の通り、スラスラ塗れます!

消したら隣も消えた。時間も消えた。そんなロスにさよなら、ピンポイント消しゴム

ホルダー消しゴムモノワンスタンダード EH-SSM

ホルダー消しゴムモノワンスタンダード EH-SSM

書いたマークを消そうとして、隣のマークも一緒に消えた。時間も消えた。

TOEICではそんなロスタイムをしている場合ではありません。

でも、トンボの『MONO ONE』なら、そんな心配は無用。

ピンポイントで消したいマークを消すことが可能です。

以上、3つのマストアイテムで勉強なしでもTOEICが少しスコアアップです!

広告を非表示にする