やくだちしき。龍のツボ。

英語とビジネススキルを学ぶミニマリスト通信




肉塊と「桃屋のきざみにんにく」を炊飯器で調理したら超絶うまかった



ロケットニュースで桃屋のきざみにんにくが記事に。

まさにその通り!と思っていたので、ふと話題の低温調理で肉塊を味付けして調理してみたら、どうなるかやってみました。

結果、めちゃめちゃうまかったのでまとめます。

そして、簡単すぐできて、肉塊を求めて外食する必要なくなったと思った。  
 
▼桃屋のきざみにんにくは、この記事みたらうまさがわかります。

rocketnews24.com  
 
そして、低温調理は、真空調理器「Anova Precision Cooker」が話題になってて、めちゃ欲しい!!と思ってたのですが、炊飯器で代用できると聞いて今回チャレンジしてみました。

今回炊飯器でやったけど、Anovaってなんじゃ?の人はコチラ。  
 
▼ボタンを押して放置するだけで極上料理が完成するという真空調理器「Anova Precision Cooker」を使ってみた gigazine.net

手順

step 1.肉塊を用意。

まず肉塊を用意します。安いオーストラリア産のをスーパーで買ってきました。

700円なり。結構でかい。

f:id:rex3104:20150816230537j:plain

どーん

step 2.室温でしばらく放置

牛のかたまり肉は冷蔵庫から出して、室温に戻しておきます。 時間がない場合は、気にしない。

あとで焼き色を入れるときに、冷たい肉だとお肉固くなっちゃうそう。

f:id:rex3104:20150816230538j:plain

おなかがすいたので、気にせず次に進んだ。笑

step 3.桃屋のきざみにんにくと塩こしょう塗り込む。お湯をわかしておく。

牛肉にちょっとだけ塩こしょうを擦り込む。

桃屋のきざみにんにくも塗りたくる。

f:id:rex3104:20150816230539j:plain

step 4.焼き色をつける

フライパンに油を入れます。

f:id:rex3104:20150816230540j:plain

強火で肉塊に全体的に焼き色をつける。

焼き焼き

f:id:rex3104:20150816230542j:plain

こんくらいかな

f:id:rex3104:20150816230543j:plain

フライパンは洗わずそのままで。

step 5.ジップロックに封入

ジップロックの登場

f:id:rex3104:20150816230544j:plain

入れます。ストローとかでうまく空気を抜くといいらしい。

なかったので、一生懸命空気抜いた。

f:id:rex3104:20150816230546j:plain

step 6.炊飯器に投入

うちには電子圧力鍋があったので、低温調理機能も付いていたっ!

らっきー

Panasonic マイコン電気圧力なべ ノーブルシャンパン SR-P37-N

Panasonic マイコン電気圧力なべ ノーブルシャンパン SR-P37-N

f:id:rex3104:20150816230545j:plain

入れます。

f:id:rex3104:20150816230547j:plain

step 7.保温(低温調理)で25~40分

肉の大きさによるみたいですね。

私はお腹すいてたので、多少生でも大丈夫でしょと、25分。

(結果問題なし)

f:id:rex3104:20150816230550j:plain

step 8.冷ます

作った直後に切ると肉汁が出ちゃうらしい。

しばらく我慢です。冷蔵庫で冷やすとかもありらしいです。

f:id:rex3104:20150816230551j:plain

step 9.ソース作り

焼き色付けたときのフライパンに、ジップロックに溜まった肉汁を入れて、グツグツ。

軽く混ぜて沸騰させれば、ソースは完成♪

ココにもきざみにんにく投下。

切る!確認。

できました。いよいよ切ります。

ドキドキ

f:id:rex3104:20150816230552j:plain

 
 

いいかんじのピンク色!

f:id:rex3104:20150816230553j:plain

実食

恐る恐る食べてみると…  
 
うまーーーー

うまいよーーこれーーーー!

ボキャの少なさに唖然とするが…

焼いたわけでもなく、生でもなく滑らかな食感

レストランに出せるよ、コレ。

週1で常備しておきたくなりました。  
 
ジップロックに入れて、炊飯器で保温するだけなので、ぜひお試ください!

あー食べ過ぎた!まんぞく!

広告を非表示にする