読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やくだちしき。龍のツボ。

英語とビジネススキルを学ぶミニマリスト通信




人生に役立つかもしれないお金を貯める方法についての知識



photo by Japanexperterna.se

海外で「お金を貯める方法を図1枚でまとめた」と話題になっていました。

この記事は、Ramit Sethi氏が過去から説いている、「お金持ちになる方法を教えよう。」から持ってきたものだそう。

I Will Teach You To Be Rich

I Will Teach You To Be Rich

▼Ramit Sethi氏のwebはこちら(英語) How To Save Money - I Will Teach You To Be Rich  
 
「お金の貯め方」の部分が非常にシンプルだったので、備忘録的にメモ。

大きくは、「貯蓄を自動化しよう。」というテーマで、自動化の大切さどの程度貯めるべきかを説いています。

かの有名な投資家、ウォーレン·バフェットも、「使った後に残ったものを貯めるのではなく、貯めた後残っている分を使うのだ」と言っていますね。

お金を貯めようとするときの大きな間違い

まず、例えばで、他の記事を強烈にディスってます。

一般的なアドバイスの大きな間違いは、意志の力に依存しているということ。

×「コーヒー1杯我慢してお金を貯めよう!1日に200円、月に6,000円、年だと70,000円だよ!」

f:id:rex3104:20150817132639p:plain

この方法は、ダメだそう。

理由は2つ。

① 毎日我慢する必要がある

毎日毎日200円のコーヒーを、朝ラテ飲みたいなー、眠いなーと思うたびに我慢しなきゃいけない。

モチベーションがいつまで続くかな。ということ。意志の力が必要ですね。

その通り。

② 200円使わなかった!6000円貯まった!で、これどうするの?

200円使わなかった!やった!そして、仮に月に6000円貯まったとします。

これをどのタイミングで貯蓄するのか?投資するのか?どの口座に貯めるのか?

いろいろルール決めが大変だね。と。  
 
こんなことを踏まえて、自動化して何も考えずに貯められる工夫をしましょうということ。

苦痛なしにお金を貯めるフロー図

この1枚の図で完結。シンプル。

① まず給料天引きで5%を確定拠出年金へ

② 5%を貯蓄→結婚式2%、マイホームの頭金2%、休暇用1%
  5%を貯蓄→年金積立

③ あとは基本クレカで使って、気兼ねなく使う
  (ここには記載ないですが、ポイント貯めたりとかかな)

f:id:rex3104:20150817125154j:plain

401(K)とRoth IRAはアメリカの確定拠出年金とかの老後資産形成支援策ですね。

日本版は?という人に下記がよくまとまっていたので、ご参考まで。

第24回 日本版ISA、日本版IRAをどう考えるか | 山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」 | 楽天証券

ということで、15%を貯める感じになってますね。

月収手取り20万円なら、3万円。

大事なのは自動的に入金されるように設定すること。

手動だと忘れたり、ダレたりしちゃいますもんね。  
 
自動化ができたら、ケータイ代とか車の保険代とか固定費に近いものの削減をやってみよう。とのこと。

全体的に気が楽ですね。  
 
今月からさっそく自動化しよ。

<<参考にした記事>>

I Will Teach You To Be Rich: A Solid Intro to Money Management

▼How to Automate Your Finances and Save Money, Explained in One Graphic

広告を非表示にする